SOONPLUS PLASTIC SURGERY CLINIC

· スーンプラスならではの特別さ ·

特別さが隠れている! ‘童顔整形’

スーンプラスのスペシャルで次元の違う技術が童顔のあなたを作ります。

SOON PLUS PLASTIC SURGERY ダークサークル(目のクマ)

ダークサークル(目のクマ)

ダークサークル手術の4つの手術治療方法

ダークサークルは普通、目の下の影や肌の着色を指します。

*ダークサークルは通常の場合
歳がいくらか重ね始めてから生まれるものですが、
最近は二十代前半、十代後半にも度々見ることができます。
ダークサークルの原因はさまざまあり,治療もさまざまに分けられます.

原因を大きく二つに分けると

01目元の脂肪が飛び出て生じる場合
02肌自体に着色が生じる場合に分け
ることができます

ダークサークルの治療は

01目元の脂肪が飛び出て生じる場合
02肌自体の着色が原因の場合には皮膚科的
レーザー治療として治療を行うことになります。

整形外科専門医の私としては
目の下の脂肪手術的治療が一番効果的だと思いますし、
皮膚科的レーザー治療はその結果がとても微々たるものだと思います。

皮膚科の先生たちには少し申し訳ないと思う意見ですが、
レーザーでダークサークルがなくなったら世の中にダークサークルは
簡単に征服できたでしょう。

スーンプラスはレーザー治療自体行いません。

ダークサークルの手術的治療

クマの手術的治療には大きく4つがあります
目の下脂肪の飛び出し度合いと肌の垂れの度合いに応じて手術方法を決定することになります。

01 目の下脂肪除去
目元の脂肪を単純に除去してなくす。
02 目の下脂肪の再配置
目元の脂肪を除去して目元の脂肪を取り巻く隔膜を再固定する。
03 ミニ眼瞼下垂
目元の脂肪の再配置後に目もとの周囲の筋肉を再配置して肌のたるみを矯正する
04 眼瞼下垂
目元の脂肪の再配置とともに、眼下に肌を節制して、目もとの周囲の筋肉を配置し、肌のたるみを矯正する。

手術治療の理論的背景

目の下脂肪のせいで陰ができ、肌自体も着色がある場合です。

普通の患者さんは目の下が凹んだと判断されますが、
実際には凹んだ部位が凹んだのではなく、その上部の脂肪が飛び出してきて
陰ができ、凹んで見えるように感じるのです。

手術後の写真です。

ふくらんだ脂肪が消えるから
凹んでみえた影の部分がよくなったことが分かります。

手術後の写真を見ると着色した皮膚に違いがないのが見られますが、
この手術そのものが肌の色には変化を与えることができないからです。

でも肌の色は代わってなくても
手術後の方がずっと若く, 疲れにくいように見えますが
この点がダークサークル治療の中で手術的方法が一番効果的だという証拠です。

  • Before
  • After

このような理論により、眼下の脂肪が極大化して見えるようにしてみました。

手術前の写真を見ると目の下の脂肪が出たことと
その下の影により一層黒く見えることが分かります。

手術後の写真を見ると、

同じ眼球位置(上を見上げた状態-瞳の位置参照)ですが、
脂肪を再配置することで眼下に陰がなくなり、ダークサークルが緩和されたことが分かります。

下の下脂肪除去

  • Before
  • After

目の下脂肪除去術は
比較的目の下脂肪のはみ出し度合いが少ない場合に行うことになります。

手術は目の内側を結膜を切開して脂肪を取り除くことになるが、
表に抜糸がないため、手術した気配はあまり見えせん。

普通の場合は目の下脂肪の再配置をもっとお勧めしますが、

その理由は目の下脂肪除去術をする時
取りすぎると目の下がとても凹んでみえるようになるからです。
普通は適度に目の下脂肪を取り除くようになります

このとき珍しいが、残っている目の下の脂肪が目立つことがあり
表情を浮かべる時、もう少し際立って見えることがあります。
このような場合は再手術で目の下脂肪の再配置をすることになります。

したがって、最近は目の下脂肪を除去するよりは目の下脂肪の再配置をよりお勧めします。

しかし目の下脂肪除去術自体もとても効果的な手術として
目の下脂肪の再配置より手術が簡単で手術費用が少なく、
ダウンタイムがほんの少しですが、少し短いという長所があります。

患者さんが簡単に手術しようとしたら
目の下脂肪が多くない場合に効果的な手術だと言えます。

より詳しい内容は下の文に出ています。

目の下脂肪の再配置

  • Before
  • After

目の下脂肪再配備は上述のとおり、

目の下の脂肪を除去すると同時に目の下の地脂肪を囲む隔膜を再配置し、
手術結果がより効果的で、
その後、目の下の脂肪が前に出るのを防ぐ手術です。

手術は目の内側の結膜を切開した後、
まず脂肪を取り除くことになり、その後隔膜を骨膜に再配置させることになります。

同じように抜糸は必要なく
あざができず、3~4日後には出勤が可能です。
痣ができる確率は1/10以下であり、本来のあざが出来やすい体質だと発生することになります。

目の下の脂肪がはみ出した程度が比較的多く、
肌のたるみはひどくない場合に使われる手術として、
通常の場合、40代以前の患者に推薦される手術法です。


(より詳しい内容は下記の文に出ています)

ミニ上眼瞼

  • Before
  • After

ミニ上眼瞼は目の下脂肪の再配置をするのに肌のたるみが少しあって
上眼瞼手術で皮膚全体を切り取るには皮膚のたるみが少し少ないとき
選べる良い手術方法です。



手術方法は

① 目の中を切開後目元の脂肪を再配置させた後に
② 目の外側の肌を1CM程度切開した後
③ 目もとの周囲の筋肉を再配置させることになります。


写真を見ると

目の下脂肪の再配置で目および凹んだ部位と目の下脂肪が出たことが解決さ
れたことを見れ、筋肉の再配置により肌のたるみが改善され、
少し涙袋が現れたことが分かります。

(詳しい詳細については、次の記事に記載されています。)

上眼瞼

  • Before
  • After

上眼瞼手術は比較的年齢があり皮膚のたるみがある場合
目の下脂肪の再配置だけでなく皮膚切除をする手術です。

(詳細については、次の記事に記載されています。)

ダークサークルは年をとって見え 疲れているような印象を与えることになります。

ダークサークルの手術は比較錠手術が簡単であるにもかかわらず、
患者さんがその事実をよく知らないため
手術をしない場合が多いです。

ダークサークル手術を通じてより若くて
活気に満ちた印象を手にいれてください。

目の下脂肪除去

目の下の脂肪除去術は
眼内切開を通して脂肪を除去する手術として
手術が簡単で抜糸がないため、日常生活を早くできる手術です。

目の下脂肪除去手術はダークサークル手術の中で一番簡単な手術方法として
肌のたるみがなく除去すべき脂肪の量が比較的少なかったり、
費用的な側面を考慮した場合に使われる方法です。

目下脂肪除去手術後に脂肪が少し残っていたり、
表情の変化により脂肪の余分が現れる場合は
目の下脂肪の再配置手術に切り替えることになります。

  • Before
  • After
  • Before
  • After

目の下の脂肪除去手術は

年齢が比較的若い場合に好まれる方法として、
主に20台から30代の年齢で施行します。

  • Before
  • After

一般的に脂肪の量が少ない場合では
本人の脂肪が出ているのかよくわからないものです。

目の下の脂肪が徐々に増えていくからでもあるし、
若い時は中に脂肪が入っていたことをよく覚えていなく
現在の平らな姿に慣れているからです。

  • Before
  • After

矢印の箇所をよく見ると
手術前には脂肪が前に飛び出して目の下が平らで
手術後には目の下が中に入ったのが見られます。


目の下の脂肪が出ていなかった若い頃には、
手術後の写真のように目の前が中に入っていたのです。

  • Before
  • After

上記の患者の手術前の写真を見ると脂肪の量が多く見えませんが
よく見ると目の下が膨らんでいるのではなく,少し前に
出ているのが見られます。
手術後の写真を見ると、ずっと若く見えるのがわかります

眼だけを上に向けた時の状態

  • Before
  • After

目の下脂肪除去

  • Before
  • After

目下の脂肪除去手術でダークサークルが好転して生じており、見えるようになりました。

肌が比較的厚い場合の目下の脂肪除去手術

  • Before
  • After

目の下脂肪除去手術(正面注視)

  • Before
  • After

目の下脂肪除去手術 (上方注視)

  • Before
  • After

20代初めの患者の目元の脂肪除去手術

目の下脂肪除去手術 (正面注視)

  • Before
  • After

目の下脂肪除去手術(上方注視)

  • Before
  • After

20代後半の患者の目下の脂肪除去手術

回復期間

目下の脂肪除去手術や目下の脂肪再配置手術は
回復期間が比較的早い手術です

あざが出る確率は5%未満ですが、
あざが出なければ、手術後1~2日で日常生活に問題がありません。

  • 手術前
  • 手術2日目
  • 手術4日目
  • 手術9日目

目下の脂肪除去手術後の日付の写真です。

患者様は無顎手術も一緒にされ顎部分が腫れています。
目の部分だけ別で見れば正確に理解ができるでしょう。

  • 手術前
  • 手術1日目
  • 手術3日目

眼球の位置に応じた日付の写真

ダークサークルを解決することができる手術中に、最も簡単な
目下の脂肪除去手術は効果も良く、手術が大変ず、回復期間も短いです。

スーンプラスの目下の脂肪除去手術で
より若く活気に満ちた人生を生きて取りください。


目成形専門
スーンプラス整形外科

目の下の脂肪再配置

目の下の脂肪再配置は、
上記の記事で説明したように、ダークサークル手術中の一つの方法です。

ダークサークル手術は
通常の場合、肌のたるみがない20代後半から40代中盤の年齢で
皮膚切除せずに手術することを意味する
目の下の脂肪再配置は、
ダークサークル手術の中で最も代表的な手術とすることができます。

  • Before
  • After
  • Before

上の写真は、目の下の脂肪が飛び出してくる生じたダークサークルの典型的なcaseです。
目の下の脂肪が飛び出しによって色合いがなりダークサークルが見えるようになって
上の写真のように、その程度がひどい場合は、
目の下の脂肪自体が飛び出したことが見えることがあります。

  • 目下の脂肪再配置手術後の姿

目の下の脂肪再配置は、
目の下の脂肪除去+目の下の脂肪を囲む膜材固定です。

術後目の下の脂肪がないようになって
地方の陰で生じたダークサークルがなくなって膨らんだ脂肪見えません。
より若く見え生気おり見えるようになりました。

目の下の脂肪再配置は、
目の下の脂肪が多すぎて全部削除するのは難しいか、
囲む膜の再固定を介して長期的な再発をより効果的に防止しようとするとき
効果的な手術法です。

目下の脂肪除去手術は
目の下の脂肪再配置よりも簡単ですが、非常にまれに表情を建てるとき
残っている脂肪が飛び出して見えることができるの欠点があるが、

目の下の脂肪再配置は、
顔をも、比較的変化が少なく
脂肪を囲む膜の在庫定めるので、
長期的な効果を維持するよりも効果的です。

  • Before
  • After

照明を利用して、目の下の脂肪再配置手術の効果を極大化した写真

  • Before
  • After
  • Before
  • After

目の下脂肪除去手術(正面注視)

  • Before
  • After

上を眺める時の様子(間接照明を使用)

  • Before
  • After

目の下脂肪除去手術 (正面注視)

  • Before
  • After

目の下脂肪除去手術 (正面注視)

  • Before
  • After

目の下脂肪除去手術 (正面注視)

  • Before
  • After

目の下脂肪除去手術 (正面注視)

  • Before
  • After
  • Before
  • After
  • Before
  • After

ダークサークル手術は
必ず目の下の脂肪が多く飛び出した分だけの効果があることがありません。

本人はよく分からない程度の目の下の脂肪が突出場合でも
若く活気に変化を与えることができる手術です。

  • Before
  • After

目の下の脂肪再配置は、ダークサークル手術の中で最も多く行われる手術として
目の下の脂肪除去の効果だけでなく
ダイヤフラム再配置を通じた再発防止の効果を見ることができる効果的な手術です。

ダークサークル手術は
目整形専門の順に加えて整形外科です。

回復期間

Q. 目下脂肪再配置手術を受けるとあざが多く出ますか?
A. 個人差はありますが、思ったよりはあざが出ないほうです。

  • Before

手術前の写真です。

  • 手術2日目

目下の脂肪再配置手術時、手術直後に目の下にテープをつけ
これは翌日に来院されましたら除去します。
手術2日目は腫れがでますが、個人差があります。
テープ除去後の洗顔や皮膚化粧をすることができ、
日常生活が可能です。

  • 手術6日目

大きな腫れは引いており、手術した感はありません

  • 手術の7日目

目下の脂肪再配置手術は
手術時解ける糸を使用するため、特に抜糸は行いません。
術後1日目、消毒とテープ除去
術後5日目に経過を見せにご来院ください。

治療期間が短くなります。

  • 手術後3週間経過
  • 1週間目の経過
  • Before
  • 手術の3週間目

ダークサークルで疲れているように見えボリュームがある目下脂肪 スーンプラスで解決します。

目成形専門
スーンプラス整形外科

童顔整形は

豊かな再手術経験 + 美的感覚 + 最新の技術が
全部揃わなければ成功できません。


童顔整形はスーンプラス整形外科


炎症・出血及び非対称が起こりうることがあります。


診療時間
平日
AM 10:00 ~ PM 07:00
土曜日
AM 10:00 ~ PM 04:00
昼休み時間
PM 01:00 ~ PM 02:00
日曜日及び公休日は休診です。
  • 相談の電話
  • +82 2-547-1705
  • 個人情報取り扱い方針
住所
135-892 ソウル特別市江南区新沙洞582-3ドンシムビル4階
事業者登録番号
211-09-44940
商号名
スーンプラス整形外科
Fax
02-549-1706
代表者名
キム・スンドン
Email
pssoon0@naver.com

copyright(C) 2016 SOON PLUS PLASTIC SURGERY. All rights reserved